左右の目で視力が違う

視力というのは個人によって異なるものです。また、左右の目でも視力が均等という事はありませんので、中には左右の視力の差が大きい不同視の人もいます。視力矯正をする場合にはメガネやコンタクトレンズの使用が一般的ですが、不同視の場合にはレーシックもおすすめです。

レーシックというのは、目の表面にある角膜の一部をレーザーで削ることで視力矯正効果を作る手術になります。一度手術を行った後は裸眼でも視力矯正効果が得られるようになるので、メガネやコンタクトを使用しなくて済むようになります。

不同視の人はメガネで矯正することが難しく、視力の状態に合わせて片目ずつ視力矯正をすることがのぞましいのですが、レーシックを受ければそういったわずらわしい事をしなくて良くなるメリットが得られます。

レーシックは近視、遠視、老眼などその人の視力の状態に応じて手術を行うので、左右の視力が違うという場合でも受けることができます。不同視による眼精疲労を解消するためにもおすすめです。