医療ミスへの不安

レーシックを受けたくない理由の一つに、医療ミスへの不安が挙げられることがあります。これはまだレーシックというものが、それほど歴史のあるものではなく、専門的な知識や技術力を持つ人もたくさん居るわけではないからです。安心して施術を受けられるようにするには、実績が高く信頼できる担当医を見つけるしかありません。

また、実際に医療ミスがニュースで取り沙汰されたこともあります。それまでレーシックへの興味を抱いていた人でも医療ミスが実際に起こってしまったことを知ったら、急に関心が薄れてしまうこともあるはずです。医療ミスは起きないと必ずしも言えるわけではないため、万が一の時のことも念頭に置いて受けることが大切です。

どうしても医療ミスへの不安が消えないという人は、無理にレーシックを受ける必要はありません。裸眼生活への憧れを抱いている人なら、メリットやデメリット、それからリスクについてもきちんと調べて覚悟を持って受けるべきです。