日常生活で不便

レーシックを受ける理由の一つに、日常生活で不便さを感じているということが挙げられます。視力の悪い人は通常、メガネをかけたりコンタクトレンズを装着したりするものです。どちらにしてもお手入れが大変で、煩わしさを感じられることもあります。

また、どちらも常に持ち歩いていないと裸眼で外を歩くことは危険でいっぱいです。メガネが壊れてしまったり、コンタクトレンズを落として失くしてしまったりした時のことも想定して、スペアを常に持ち歩かなくてはいけないという点も億劫に思えることがあるはずです。

このような理由から常に裸眼で快適に過ごすことができるようになりたいという人が、レーシックを受けることがあります。レーシックが成功することで、メガネもコンタクトレンズも要らなくなります。また、レーシックが成功して裸眼で過ごせるようになれば、災害時などにもメガネやコンタクトレンズ要らずとなり、慌ててどちらも持ち歩かなくて済むことになります。