職業上の理由

近視に悩む人の間でレーシック手術が注目されています。このレーシック手術は、レーザー照射によって角膜の厚みを変えることで屈曲率を調節して視力を矯正するものです。

レーシックを受けると、めがねやコンタクトレンズを使用しなくてもすむので快適ですが、職業上の理由から必要があってレーシック手術を受ける人も多くいます。

例えばスポーツ選手ですとめがねやコンタクトレンズを使うと視野や視界の関係で力を発揮できないということがあるのでレーシックを受ける人が多くなっています。また自衛隊員や消防士の方は緊急事態の際にめがねでは不便ですし、水やほこりをかぶって救助活動に支障が出てしまうのを避けるためレーシック率が高い職業です。

さらに、飛行機の客室乗務員も緊急時にめがねがずれたりして乗客の安全な誘導ができなくなってしまう可能性があるのでめがねは近視されている航空会社が多く、また容姿の点からもレーシックをする人が多い分野です。また屋外や工場、特に強風や湯気の中で仕事をする人も職業上必要があってレーシックをよく受けます。