コンタクトレンズの問題

レーシックを受ける理由として、コンタクトレンズの問題が挙げられます。最近の若い人たちはほとんどがコンタクトレンズを装着しています。しかし、手入れをきちんとしていないと角膜が混濁したり、何らかの目の病気に罹ってしまったりするため、かなり危険です。

また、コンタクトレンズによって目に炎症が起こり、コンタクトレンズが装着できなくなってしまったという人にとって、裸眼で過ごせないことはとても困ります。このような理由からレーシックを受けざるを得ないということもあります。

また、コンタクトレンズは便利なものの、様々なトラブルもつきものです。毎日、装着することが面倒に思っている人にとって、レーシックが成功すれば毎日のコンタクトレンズ装着手間もなくなり楽になります。特に、忙しい朝の時間帯を効率良く過ごせるようになるはずです。

コンタクトレンズは定期的に健診を受けたり、買い替えをしたりするため、その都度、費用がかかります。長い目で見ると、レーシックを一度受けてしまった方が安く済みます。